1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍵盤管弦奏【ピアノインスト】

MP3http://ux.getuploader.com/31272422/download/67/%E9%8D%B5%E7%9B%A4%E7%AE%A1%E5%BC%A6%E5%A5%8F.mp3

もう一曲あげちゃいましょう。こちらはインストですよ、インスト。


THE・ゲーム音楽って感じですね。

ピアノの他にもドラムや管弦楽器等入ってますけど、あくまで主役はピアノです。あらぶれーあらぶれー


ある程度早いテンポの四つ打ちってあれですね、焦りますね聴いてて。車を運転したら事故りそうです。テンション上がるのとは似ているようで違う。急き立てられる感じですね。


主題が少し和テイストでしょうかね、解釈次第って気もしますけど。聴き方によっちゃ和っちゃあ和。


最後なんとなくループ点作って戻してますけど、道中てけとーに転調したのに気づいたらちゃんとイントロのキーに戻ってて納得いかない。でも必然。


ドラムが単調なので気を抜くと曲が終わってる可能性が。視聴の際はご留意ください

ありがとう【ミクさんリメイク】

MP3 http://ux.getuploader.com/31272422/download/66/%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%A8%E3%81%86+re.mp3

やぁ、なんとも懐かしい曲を引っ張ってきました。覚えてくれてる人いるんでしょうか

原曲はこっち


梅雨や言うとるやないですか。いいんです、出会いだの別れだのは年中通してあるもんです

リメイクと銘打つ程いじってないですけど、ストリングスがだいぶ荒ぶってるのは進化というか変化なんでしょうね、自分の音選びにおいて。


自分の作詞って純度98%くらい妄想の産物なもので、あとから見ても恥ずかしくなったりとかはないんですが。妄想ですし。

ただこいつはちょっと恥ずかしい、なんかこう、やたら眩しくていけない。



そうですね、原曲より若干バンドサウンド寄りでしょうか。ベースが重たくなってます。コードも少しいじりましたかね。あとテンポ早いです。あ、あとキー高いです。


しかし、オケはともかくこのミクさんとんでもないジャジャ馬です。発音に関してはボーカロイドだから仕方ない。諦めてますけど、キンキンとモコモコの距離が近すぎる。わかる人はこれでわかってくれる多分。ん~イントロだけでも音量削るべきだったかも


よければ聴いたってください

バームクーヘン【ミクさんアシッドジャズ?】

MP3 http://ux.getuploader.com/31272422/download/65/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%98%E3%83%B3.mp3


アシッドジャズ・・・んん?ジャンル分けってイマイチよくわからない。なんでもいいです


バームクーヘン。バアムクーヘンとも書くのかな、でも発音のイメージはバームクーヘンです自分的には。



ちょっとマセた子供が、マドレーヌあたりと混同してお母さんにねだるお菓子

マダム達が洒落たカフェで、ダメ亭主の愚痴と見せかけた自慢話をぶつけ合いながらつまむお菓子

ダンディな紳士が、遠い昔に想いを馳せながらブラックで一気に流し込むお菓子(?)


せっかくだから俺はこのダンディなバームクーヘンを選びましょう。
和菓子に比べて洋菓子は華やか、現代的な印象なんですが、バームクーヘンはちょっと違うような。発祥はドイツらしいです。
落ち着きがある、ついでにちょっと古風。個人的なイメージですけど。


老夫婦が並んでマカロン食べてたら「ハイカラやなぁ」ってなるけど、バームクーヘンなら納得ですよ(?)


30代OLがマカロンを悲しい目で見つめてたら「食べたいのかな」ってなるけど、バームクーヘンだと何か辛いことがあったのかなってなりますよ(?)


やぁ、人生でバームクーヘンの事を深く考えた経験なんてないもので。
こじつけましょう、こじつけましょう。


ちょっと昔っぽい曲調。ぺちゃぺちゃのギター、かすれたハイハット、コーラスかかりすぎて何言ってるかわかんないボーカル。特にボーカルに関しては明確に流行ってたんだろうなーなんて思います。録音技術の問題だったのかもしれないけど。


歌詞に深い意味はないので、奔放なエレピと怪しいコードを聴いてやってください



終わらない森 辿り着くその先は
中身を忘れて 止まらない言葉 


無邪気な欲望を 一つ叶えた頃に
寄せては膨らむ あやふやな心を


何かを求めては ただ巻きつけた
頼れる程の 軸も無く
同じ思考の中
指を伸ばしている



形の決められた 今日に沿って
子供の描くような ありふれた時間を 
二人で重ねる
紅茶と一欠片のバウムクーヘン
甘すぎる気がした

そんな夜を 繰り返す

そして また何時か



吐息に揺られ 波打つその水面に
砂糖を溶かして 不乱にかき混ぜる


季節の焚きつけた 焦燥感に
躓き泣いて 目を腫らす
巡る思考の中
指を伸ばしている



一人は淋しいと 頷いて
語らった誰かと 少し似た仕草を
横目に歩き出す 
今でもわからない そんな偶然
戻らない気がした

振り返れば音も無く

それなら また何時か




今年も 飽きもせず巡り来る
変わらない景色に 吐き慣れた溜息は 
火を点け吸い込む 
煙と一欠片のバウムクーヘン
懐かしい気がした

そんな夜を 繰り返す


そして朝が来れば
弱虫の言葉
そう また何時か

心雪【ミクさん冬のバラード】

MP3 http://ux.getuploader.com/31272422/download/64/%E5%BF%83%E9%9B%AA%EF%BC%88%E6%9C%AA%EF%BC%89.mp3


冬。もう春ですよーどころか梅雨ですよー

いわゆる蔵出しです。曲自体は結構前に作ったもので、音源にしてみようと奮起してみたものの。
こう雨も増えて梅雨梅雨されては冬物を作るにもモチベーションが維持できないってもんで。


ちまちま、期間だけは無駄にかけてちまちま作ってはいたんですが構想の7割も行かないくらいで放り投げた音源です。いろいろ手付かずです。また冬に会いましょう


ベースを録音するのはとても楽しかったですね、スラップべちべちよりもバラードでしっとり刻んだりうねったりするベースが好きです。


歌詞のおはなし。住んでいる地域の気候柄雪にはあまり馴染みがないんですが、一番神秘的な気候ですね、雪。

雪の降る擬音、しんしんですよ、しんしん。なんて儚い。しんしんだっけ、確かしんしん。


同じく空から降る雨や雹と比べると異質です。ふよふよ風のままに。やぁ豪雪なんてのもありますけど。
雪化粧って言葉もいいですね。雨化粧なんていいませんよね、多分。変換できなかったから多分そう。





暮れた日の 揺れる池に
泣き疲れ 凍えた頬
愛された 時間の先
吐息は 遠く

いつからか 違えた道
少しでも 交わればと
花束に 添えた手紙
細い指 繋いだまま


心の 数だけ
空を浮かぶ白の雲
この街を 儚む
小さな 小さな
願いを 運んで  uh


咲き落ちる 仰いだ空を
眺める景色 は揺れて
たくさんの 『心雪』降れ
染めて 白く 白く


待ち飽きて 冷えた指を
包み込んだ 小さな手は
幻と 気付いた時
震えだす 微かな声

一人が 怖いと
歩いた街の切なさ
一度でも会いたい
小さな 小さな 安らぎを


降り積もる 優しい音は
変わらず 昔のままで 
モノクロの 世界に色を
諦めて 忘れた場所へ 



叶うなら 過ぎた時間を 
笑っていたい それでも
届かない 人の夢なら
せめて 一言


咲き落ちる 仰いだ空を
眺める 景色は揺れて
たくさんの 『心雪』降れ
染めて 白く 白く 

白く

黄昏の海【ミクさんちょっとホラー】

MP3http://ux.getuploader.com/31272422/download/63/%E9%BB%84%E6%98%8F%E3%81%AE%E6%B5%B7.mp3

三拍子は好きです。盛り上がりの作り方が難しいですが。

一部低音割れちゃいました、が!書き出し直す気力がございません!ご容赦!



『どんな幸せな世界も。誰かの気まぐれで始まったただの人形劇』


そんな歌ですけども。現実ではそんなことどうでもいい気がします。
幸せだと思うことに難癖つけてたらキリがないです。


カレーのトッピング、自分はカツ、友達はチーズカツ。
それでもいいじゃないですか。そもそも自分チーズ苦手ですし。
ドヤ顔でアイス頼めばいいんです、王道のバニラで。


十分幸せです


あ、でも麻薬とかはダメですよ。麻薬っぽい歌でもありますけど。





「坊や」
新しい服 外をふらり歩けば
ほら 泥だらけ
偶然 本当に?
 

「坊や」 
勉強の日々 少し疲れたけど
ほら 楽しいよ
よかったね 嘘吐き


まっくら この道を抜けて
瞳を開ければ広がる
秘密の場所 鮮やかな世界


ようこそ黄昏の海 進んで深く深く
全てが思いのまま
許される そう此処は貴方だけの 
ユートピア



「坊や」
大好きな人 君といつか二人で
ほら 怒られた
照れてる それだけ?


「坊や」
将来の夢 昔 憧れたヒーロー
ほら すごいでしょ
よかったね 叶わなくて


ヒト モノ ソラ
全て忘れて

カオ イロ コエ  
全て忘れて


壊れた人形の様に
幸せな海の底で
踊る 踊る 踊る いつまでも


ようこそ黄昏の海 皆で笑いましょう

どうして 帰りたいの?


「逃がさない」


ようこそ黄昏の海 溺れて深く深く
全ては思うがまま
許される そう此処は私だけの 
ユートピア

プロフィール

コルトル

Author:コルトル
天才になりたかった凡人。ややネタに走りつつ、今日も皆さんこんにちは。

・ついったー http://twitter.com/korutoru

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。