1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの淡い夏を、もう一度

ニコニコhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm21114019
MP3http://ux.getuploader.com/31272422/download/34/%E3%81%82%E3%81%AE%E6%B7%A1%E3%81%84%E5%A4%8F%E3%82%92%E3%80%81%E3%82%82%E3%81%86%E4%B8%80%E5%BA%A6.mp3
カラオケhttp://ux.getuploader.com/31272422/download/35/%E3%81%82%E3%81%AE%E6%B7%A1%E3%81%84%E5%A4%8F%E3%82%92%E3%80%81%E3%82%82%E3%81%86%E4%B8%80%E5%BA%A6%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%AA%E3%82%B1.mp3


「月一?いやいや週一だよ」なペース。動画もこれで八作目ですか。2ケタが見えてきましたかね。
あげたものの中では初めてのバラード。ついでに和風。
演歌とはまた違う感じにしたつもりですが、どうなんでしょう。そこの境目はよくわかりません。

「はにかむ女の子」の素晴らしさを妄想していたのが転じて今回の歌詞になったんですけど、なんでしょう悲しい。骸抱いちゃったよ。絶対誰か死んでるよこれ。


なんて作詞者が茶化してはいけませんね。自分なりの物語を歌詞に込めました。どうぞ聞いて、そして聴いてやってください。



御髪(みぐし)香る夕立の暮れ
倣い仰ぐ橘の小屋
笑い 肩越し 指差す
吹かれては揺れる
風見鶏


畦(あぜ)を辿る 蛙の息吹
童集う 山陰の川
淡い慕情 胸に抱き
千歳 過ぎし刹那


待ち人  いつか
一(はじめ)の 遥か
囃子の山びこに
浮かれはにかむは
夏乙女


風に水に願いを流す
誰も知らぬ記憶の果てへ
薄れ忘れたそのいつかに
また会う誓いを


並び居ても届かぬ背中
面影 気づけば彼に似て
尋ね訪ねまだ見えぬ
胸の淡い欠片

待ち人  いつか
一(はじめ)の  遥か
重ねた手の熱を
思い返す 山陰の川


木陰に寄り添い
語り明かした一夜
夢に浮かび流す涙
朧げな一夏の
心 時雨


届け届け 千代(ちよ)の想いよ
昔流した恋と共に
手を伸ばして抱いた骸に
声無く 落ちる雫

星よ月よ 叶うのならば
あの淡い夏を、もう一度
三度 悔いる事 無いように

篝(かがり)の宴を 風見の調べを

また会う誓いを


川の流れ見つめ 並んだ影法師
不揃いな長さの 並んだ影法師
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コルトル

Author:コルトル
天才になりたかった凡人。ややネタに走りつつ、今日も皆さんこんにちは。

・ついったー http://twitter.com/korutoru

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。