1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心雪【ミクさん冬のバラード】

MP3 http://ux.getuploader.com/31272422/download/64/%E5%BF%83%E9%9B%AA%EF%BC%88%E6%9C%AA%EF%BC%89.mp3


冬。もう春ですよーどころか梅雨ですよー

いわゆる蔵出しです。曲自体は結構前に作ったもので、音源にしてみようと奮起してみたものの。
こう雨も増えて梅雨梅雨されては冬物を作るにもモチベーションが維持できないってもんで。


ちまちま、期間だけは無駄にかけてちまちま作ってはいたんですが構想の7割も行かないくらいで放り投げた音源です。いろいろ手付かずです。また冬に会いましょう


ベースを録音するのはとても楽しかったですね、スラップべちべちよりもバラードでしっとり刻んだりうねったりするベースが好きです。


歌詞のおはなし。住んでいる地域の気候柄雪にはあまり馴染みがないんですが、一番神秘的な気候ですね、雪。

雪の降る擬音、しんしんですよ、しんしん。なんて儚い。しんしんだっけ、確かしんしん。


同じく空から降る雨や雹と比べると異質です。ふよふよ風のままに。やぁ豪雪なんてのもありますけど。
雪化粧って言葉もいいですね。雨化粧なんていいませんよね、多分。変換できなかったから多分そう。





暮れた日の 揺れる池に
泣き疲れ 凍えた頬
愛された 時間の先
吐息は 遠く

いつからか 違えた道
少しでも 交わればと
花束に 添えた手紙
細い指 繋いだまま


心の 数だけ
空を浮かぶ白の雲
この街を 儚む
小さな 小さな
願いを 運んで  uh


咲き落ちる 仰いだ空を
眺める景色 は揺れて
たくさんの 『心雪』降れ
染めて 白く 白く


待ち飽きて 冷えた指を
包み込んだ 小さな手は
幻と 気付いた時
震えだす 微かな声

一人が 怖いと
歩いた街の切なさ
一度でも会いたい
小さな 小さな 安らぎを


降り積もる 優しい音は
変わらず 昔のままで 
モノクロの 世界に色を
諦めて 忘れた場所へ 



叶うなら 過ぎた時間を 
笑っていたい それでも
届かない 人の夢なら
せめて 一言


咲き落ちる 仰いだ空を
眺める 景色は揺れて
たくさんの 『心雪』降れ
染めて 白く 白く 

白く
スポンサーサイト
プロフィール

コルトル

Author:コルトル
天才になりたかった凡人。ややネタに走りつつ、今日も皆さんこんにちは。

・ついったー http://twitter.com/korutoru

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。